2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

≫ EDIT

爪が剥がれたぴにゃ

今日は朝からぴにゃを連れて動物病院へ。
友達からちょりに、って以前もらったバッグ型キャリーが大活躍だよ☆(ちょりはデカ過ぎるし、チッコしちゃうから無理。)
足の怪我(01)

約1時間待ちで順番が回ってきたよ☆
そんなに混んでなくてラッキーだったね。
足の怪我(03)

体重は2.4キロ。
ちょこっとバリカンで毛刈りされて診てもらったら、足の爪、根元から取れちゃったらしい。骨折の可能性もあるとかでレントゲンを撮ることに。

ぴにゃ、怖がって私にすがりついて、そのまま上着の中に入って背中にしがみついちゃったよ。
でも、剥がして処置室へ。
足の怪我(02)

レントゲンの結果は、、、「よく分かりません。」

爪を剥いだ右後ろ脚、ぼやや~んと映ってるんだけど、仔猫だから成長期の感じなのか、骨折なのか判断つきにくいとのこと。
ちゃんと知りたければ専門医にデータを送って調べることは可能です、と。痛がりようから、恐らくヒビは入っているでしょう、だって。
患部の場所的に運動制限は必要ないし、ギプスも着けない、ってことだったから、専門医の判断はお断りしたよ。
足の怪我(04)

抗生物質の飲み薬と、塗り薬をもらって、1週間後に様子を見せに連れて行くことになったよ。

暮れの物入りの時に、お財布もアイタタタタタタ。。。
足の怪我(05)

ぴー、可哀そうに。
足の怪我(06)

どこかに爪を引っ掛けて、暴れて逃げようとして、爪が剥がれて骨にヒビまで入っちゃったんだね?
足の怪我(07)

早く治そうね。
足の怪我(08)

そしてすっかり赤ちゃん返りして、我がまま言い放題のちょり。
常に私にべったりで、膝の上から降りようとしないの。
足の怪我(09)

ぴにゃへのシャーシャーも度が増してきちゃった。
ちょっと前まであんなに仲良しだったのに、この頃は視野に入るだけでシャー言ってるよ。
足の怪我(10)

お会いしたこともある加藤由子さんの「ネコの気持ちを聞いてごらん」にも同じようなケースが書いてあって、加藤さんちのフーちゃん(♂)が、仔猫のまるちゃん(♀)が小さい時はものすごく可愛がったのに、成長したらウーウーシャーシャー言うようになったって。
数ヵ月したら収まって、すっかり仲良しに戻ったらしいけど。

…数ヵ月かぁ。。。うちもそうなんだろうか。とほほ。
足の怪我(11)

そんな悩める私のもとへ、贈り物が!!!
oseibo(1).jpg

お歳暮だーーーーー!!!(>▽<)
oseibo(2).jpg
ブログで知り合ったお友達のmikiさんからだよ♪

しかも私もちょんまげ夫もちょりも(←おい!)大好きな馬刺しだーーーー!!!
oseibo(3).jpg

何よりだよ(T▽T)。本当に、何より、だよ(TT▽TT)。
oseibo(4).jpg

mikiさん、ご主人、ひめちゃん、シナモンちゃん、はなちゃん、こひめちゃん、プ―ちゃん、との君、本当にありがとうね☆☆☆

ぴーがご飯食べても、ウンチッコしても、怪我しても、なんだか気に入らないのら!

↓シャーッとしてちょ♪↓

人気ブログランキングへ

親分きっとヒステリーなお年頃なんでちゅね。ぴーは気になりまちぇんよ。

| ぴにゃ、足の怪我 | 20:37 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月