2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

≫ EDIT

諸行無常

火曜日の夜、10年以上会っていないAちゃんからLINEが届いた。
新卒で就職した時の会社の同期で、私がアメリカにいた時もバハマにいた時も遊びに来てくれた友人。
彼女の旦那様の転勤等で長く会っていなかったとは言え、LINEでたまに連絡は取り合っていたんだよね。


16021102.jpg


久し振り~♪ と浮かれたら、同期のOさん(男性)が病気で亡くなった、と。お通夜は明日だと。

ちょっと迷いましたよ。私その会社、たったの1年4~5カ月で退職したんだよね。
その後アメリカでフラフラしていて、同じ会社のアメリカ法人にお世話になってバハマで働き、帰国後は関連会社に就職させていただいたんだけど。
そのOさんとは、たぶんAちゃんの結婚式で会ったのが最後なんじゃないかな。
でもやっぱり私が同期と呼べるのはその会社の人達だけだし、Oさんの奥さんは同じく同期のY子ちゃんだし、行かなきゃ。
知っている人もほとんどいないから、お焼香だけして、Aちゃんに挨拶してサッと帰ればいいかな、と思い行くことに。


16021101.jpg


その夜は黒い服黒い服とバタバタし、翌朝不祝儀袋を買ったんだけど、ふくさが無い。赤いのしか無い。
思えば身内以外でお通夜やお葬式って、ほとんど行ったことがないのさ。
職場の方々に「コンビニで買えるんじゃない?」「駅で売っているかも」等助言をいただいたんだけど、どちらにも無く。
結局は斎場最寄り駅近くの100円ショップで買えたんだけどさ、焦った。
いい大人なんだから、ちゃんと用意しておかないとな…


16021103.jpg


風の強い寒い寒い夜で、斎場に到着して受付をしてからお焼香の場へ。
途中、スライドでOさんとご家族の写真が画面に映し出されていた。こんなのあるのか…しみじみいいな、と。

そして部屋に入って見たOさんの遺影。昔の面影そのままの優しそうな笑顔。
そしてその傍に、こちらを向いてY子ちゃんと二人のお子さんが立っていた。
お嬢さんはY子ちゃんによく似た美人で、息子さんはOさんに似て…いないような、ほっそりとしたハンサムさんだった。
Oさんは大柄でふっくらしていて、おおらかで明るくて面白い人だった。

私の順番になった時、Y子ちゃんは気が付いてくれたようで、ありがとうと言うように泣きながらうなずいてくれた。


16021104.jpg


お焼香の後、知らせてくれたAちゃんに挨拶をしてから帰ろうと「偲ぶ会」の会場へ入ったら…

すごい人数の人達でした。
そうだよね、Oさんの人徳でもあるんだけど、まだ四十代で現役バリバリの会社員だったんだもんね。
会社の人達やお友達、100名以上はいらっしゃった。
先に帰った方々もいらっしゃるから、相当な人数がお別れにいらしたんだね。
そこでAちゃんを探していたら、同期達が次々と声を掛けてくれた。
1年ちょっとしかいなかったのに、皆覚えていてくれたのね。
同じ部にいた人達は、私も顔も名前もすぐに思い出せたんだけど、違う部にいた人達はなかなか思い出せず。
そして女性陣はみんな変わっていなかったのに驚いた。みんな綺麗。
綺麗で優しかった先輩は、やっぱり綺麗で優しかった。
男性陣はまるで変わっていなかった人達と、変わった人達との差が結構あったかも。そんなお年頃なのね。


16021105.jpg


同期の半分位はもう会社にいないらしい。
ずっと続けている同期は、女性で3人しかいないんだとか。
結婚したり出産したりで辞める人が多い時代だったしね。

皆でワイワイとOさんの思い出話をしました。
それにしても、「☆☆(私の旧姓)、面白い。お笑いの人みたい。」って、お通夜で言われてしまう私って…


16021107.jpg


そしてつくづく、良い会社だなぁ、と。
私も部長になるまで頑張るんだ!って就職したんだっけな、と。
それなのにすぐ辞めちゃってさ。
だって学生時代にホームステイしたホストファミリーのおじいちゃんから、
「また来て。うちに住んで学費も出すからアメリカの大学に入ればいい。早く来てくれないと年寄りだから死んでしまう。」って毎週末電話が掛かってきて、母にも「何とかしてくれ」って言われちゃうし、アメリカに行くしかなかったんだもん。
バハマから戻ってから入れてもらった関連会社、その後合併されたから、そこにいたら元の会社に戻れたんだな~とか。
(そこも5年で辞めちゃって、色々あって今は派遣だけど)

と、そんな昔のことを思い出したりしましたよ。


16021106.jpg


Oさんのお子さんたち、お母さんを支えてあげてください。
仲良し家族みたいだから、もちろん分かっているでしょうけれど、Oさんは本当に本当に優しくて面白くて皆に慕われた素晴らしい人でした。



そして帰りがてら携帯で見た猫友達のブログで、可愛くて綺麗な奇跡の20歳だったCちゃんが亡くなったのを知った。
Cちゃんもお空に昇ってしまったのか…
ご家族は年齢的にも覚悟はしていたみたいだけど、やっぱり寂しいよね。


この世のあらゆる事物は絶えず変化し続けて、決して永遠のものではないということをつくづく考えさせられた1日でした。



お家に帰ってからも別のお友達から電話があって、色々話してたんらよ。

↓ヨルゴハンオソイってしてちょ♪↓





ぴーは痩せたり太ったりするんでちゅ。諸行無常でちゅ。

うちのボサ毛は増えんねん。諸行無常や。

| ちょり&ぴにゃ&ころ | 21:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月